読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

otakuhouse kit 2017の予約販売をします(2/28〆)

otakuhouse kitの予約販売をします。

 

f:id:otakuhouse:20170211132331p:plain

 後述の注意事項を理解いただいた上で、こちらからご注文ください。締切は2017年2月28日です。

otakuhouse.typeform.com

 

コンセプト

ファッションとかパフォーマンスではなく、実使用上の調子の良さを意識しました。

 

http://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/s480x480/e15/11325308_1654814808088625_23354520_n.jpg?ig_cache_key=OTkyODM2NTc3MDE3OTIwMTEw.2

black sheep cyclingの感じを出していければと思っています。

 

背景

シンプルで安いジャージってないんですよね。シンプルで言えばラファなんかが代表格で、モノも見た目も間違いないのですが、誰にも見せず1人で着るのをためらう価格帯です。1万円未満のマスプロジャージと言えば、倉庫のような自転車屋で雑然と売られている印象が強いと思います。でもデザインに関して見当違いな努力していることが多く、1人でこっそり着るのも気が引けます。

 

特に最近はオリジナルジャージの質がインフレしています。安くて並のマスプロよりカッコいい、個人の作ったサイクリングキットしか買わなくなっている人も多いのではないでしょうか。でもこの手のジャージは買い替えたい時に、安定して手に入るかといえばそれは難しいので、高級マスプロとは違う理由で使うのをためらいます。

 

しかし、どういう理由であれ、消耗を気にして使わないというのは本当に本末転倒なことです。道具に愛着がありすぎるのは、そういう不幸を生むし、場合によっては危険なこともあります。

 

金銭感覚などの違いから、ここまででもう同感できない人がいると思いますが…

 

otakuhouse kit 2017について

今回、作成するotakuhouse kitは、オリジナルジャージも含めた、既存のジャージの隙間を埋めようという思いからできました。まずは、気兼ねなく使える値段とデザイン。次に、一定の品質。これを満たすものとして、チャンピオンシステムで無地にロゴのみのジャージ作る、という選択に至りました。

 

募集

ご希望の方は以下のフォームからお申し込みください。

otakuhouse.typeform.com

 

注意事項

  • 締切は2017年2月28日です。
  • 1度の登録で複数の商品を入力することはできません。1回ずつ入力してください。
  • 人数次第の部分もあるため価格は多少修正することが可能性があります。
  • お支払い方法は、まとまった数の注文をいただいてから、改めてご連絡いたします。

 

謝辞

本キットを作成するにあたり、ほとんどの実作業を引き受けていただいたタコ助野郎kei mizutaさんに深謝いたします。